臨店講習、グループ講習

臨店講習、グループ講習

生き残り、経営の安定をはかるための勉強をしよう

美容室のコンサルタントが誰も口にするのは「技術の研鑽には意欲的だが、集客、宣伝、販売面が貧弱」という事実です。

生き残り経営を安定させ、将来有望の美容室にするには、スタッフの質を高める、知識や情報を増やす、新しいメニューの店頭での実践方法を勉強する、販促方法などの実践的な勉強しかありません。

お客様の希望や要望に応えるメニューとやり方、客への説明方法、理論背景を勉強することで説得力を増します。

いちばん大切なのは「来店回数を増やす、違う目的で来てもらう」ための説明ややり方」を導入すること。

そして「店がこのようなことをしている」ことをお客様にアピールする集客方法です。


まずシャンプー法から勉強を

いま店頭でおこなっているシャンプーのやり方は、店側の効率を主にしたやり方で一部のお客様には不満を持たれています。

抜け毛が心配、薄毛・細毛を気にしている男性は3人に1人 、女性は5人に1人。
お客様の35~40%は髪に何らかの不安や悩みを持っており、薄毛・細毛を気にして、ネットなどで高いシャンプーを購入して洗い方にも気を遣っているのが現実です。

つまり30~40%のお客様は「美容室のシャンプー法」を怖がっており、中には急いで家に帰り洗い直す人も増えているのです。

「美容室でシャンプーした後は髪がバサバサ」という声が聞かれますが、お客様の心理など考えず業務用のシャンプーで洗うことに疑問を持たれているのです。


グループで勉強が増えている

勉強は店頭での実践を想定した勉強内容でなければなりません。

最低5~7名くらいをグループにして、実践的な勉強会をおこないます。グループで勉強することで、スタッフ同士、多店舗のスタッフから得られる情報も多く、反省材料や改訂部分も多いはずです。

お互いに競い合って勉強し成果を発表することで、いい結果が得られます。

勉強会は3~4回のシリーズで継続しておこなっており、勉強、実践、反省、復習、新たに実践、を繰り返すことで成果を上げています。


申込み

まず、下記の電話かメールにアクセスして下さい。
日時、場所、人数、希望する内容

電話 06-6210-3003  

費用 教材費として1人当たり3000~5000円

店舗の内容や受講する人により、研修の内容が変わります。


↑ PAGE TOP