美容室の女性オーナーさんに 

50年ほど前、美容室のシャッターを開ければお客様がぞろぞろ入ってきて、待合のベンチにはいつも数人のお客様が順番を待っており、夜9時になってもまだ仕事をしていた時代があったと、あるオーナーから聞きました。
そのかたは世界チャンピオンまで育てた実力者ですが、当方の店舗を見学し勉強に参加して次のように嘆かれれました。
「素人の経営に負けて悔しい」(そうです。わたしは美容師でもないし、経営なんてしたこともないシロウトの研究者です)
そして、いまは「技術さえ確かなら経営できる」時代が終わったこと、無口な美容師ではダメなこと、今の美容師はムダ話はするが専門的な説明はできないし、しないこと、サラリーマン化して時間から時間まで働く、お客様が希望するメニューをこなすのが仕事と考えていること、すこし注意したらすぐ止めてしまうこと、などを嘆かれました。
でも、いまおこなっている施術の基本は、その当時と同じやり方で少しも進歩していません。
髪は個人個人で違うため、シャンプーのやり方一つとってもすこしずつ違っていなければならないはずなのに「カットしてシャンプーする」のが当然、なんの疑問を持たず、マニアル通りにシャンプーしているだけで、みすみすシャンプーが売れていくチャンスを逃しているのです。
「お客様は家で毎日のようにシャンプーを使い、トリートメントしています」
なぜお客様は美容室でトリートメントを買わないのでしょう?
なぜ、髪のプロである美容師は「お客様の髪質や損傷状態を見て」それに適したシャンプー選びと使い方をアドバイスしないのでしょう?
ここに「美容室がじり貧になる」原因があります。(いまは技術だけで経営が成り立つ時代ではないのです)
こうしたちょっとした意識の改革や視点を変えることで、美容室の売上は200%以上になるはずです。

いま、ひとりで奮闘している美容室の女性オーナーが、当方の「元気塾」で勉強されていますが、手狭になり、4月15日から場所を新たにして開設し、「家でいながら勉強できる」システムや「集客と販促を積極的にする」参加者を募っています。
ただし、有料であること(その金額の数倍もする特典がある)、勉強したことを店頭ですぐ実践する勉強会であること、など実践的な会ですが、いっぽうはLINEなどで情報交換や、「くつろぎの部屋」として会員が楽しく勉強しながらくつろげる空間を用意しています。
ぜひご参加下さい。
くわしいことは genki@genkijuku.com いおい まで お問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です