美容室の女性オーナーさんに 

50年ほど前、美容室のシャッターを開ければお客様がぞろぞろ入ってきて、待合のベンチにはいつも数人のお客様が順番を待っており、夜9時になってもまだ仕事をしていた時代があったと、あるオーナーから聞きました。
そのかたは世界チャンピオンまで育てた実力者ですが、当方の店舗を見学し勉強に参加して次のように嘆かれれました。
「素人の経営に負けて悔しい」(そうです。わたしは美容師でもないし、経営なんてしたこともないシロウトの研究者です)
そして、いまは「技術さえ確かなら経営できる」時代が終わったこと、無口な美容師ではダメなこと、今の美容師はムダ話はするが専門的な説明はできないし、しないこと、サラリーマン化して時間から時間まで働く、お客様が希望するメニューをこなすのが仕事と考えていること、すこし注意したらすぐ止めてしまうこと、などを嘆かれました。
でも、いまおこなっている施術の基本は、その当時と同じやり方で少しも進歩していません。
髪は個人個人で違うため、シャンプーのやり方一つとってもすこしずつ違っていなければならないはずなのに「カットしてシャンプーする」のが当然、なんの疑問を持たず、マニアル通りにシャンプーしているだけで、みすみすシャンプーが売れていくチャンスを逃しているのです。
「お客様は家で毎日のようにシャンプーを使い、トリートメントしています」
なぜお客様は美容室でトリートメントを買わないのでしょう?
なぜ、髪のプロである美容師は「お客様の髪質や損傷状態を見て」それに適したシャンプー選びと使い方をアドバイスしないのでしょう?
ここに「美容室がじり貧になる」原因があります。(いまは技術だけで経営が成り立つ時代ではないのです)
こうしたちょっとした意識の改革や視点を変えることで、美容室の売上は200%以上になるはずです。

いま、ひとりで奮闘している美容室の女性オーナーが、当方の「元気塾」で勉強されていますが、手狭になり、4月15日から場所を新たにして開設し、「家でいながら勉強できる」システムや「集客と販促を積極的にする」参加者を募っています。
ただし、有料であること(その金額の数倍もする特典がある)、勉強したことを店頭ですぐ実践する勉強会であること、など実践的な会ですが、いっぽうはLINEなどで情報交換や、「くつろぎの部屋」として会員が楽しく勉強しながらくつろげる空間を用意しています。
ぜひご参加下さい。
くわしいことは genki@genkijuku.com いおい まで お問い合わせ下さい。

レストルの水が実証された

レストルは「製造している商品」も「施術に使っている水」も、全部「レストルの水」を使っている。
レストルの水は、通常の水より肌に親和性、親水性が高く。いろいろな特徴を持っている。
実は今まであまりレストルの水をPRしていなかったのは、訳がある。
それは「○○の水」として高額で販売されている水がいっぱいあるからで、美容室でも「これで処理するとカラーの発色がいい」とか「デトックス効果」などと売り込まれているが、その多くは「いかがわしい」と専門家が指摘しており、それらといっしょにされたくないからだ。
実は嬉しいことがある。
水に関しては世界的な権威の大学教授から、レストルの水を分析して「普通の水より特異性の高い水」としたデータをいただいたからだ。
やっぱり、わたしが信じたことは正解だった。
「この水は違う」と効果や治験例を報告してくれた美容師さんの感性はすごいと思いました。
いま、効果や作用を実証されたレストルの水を使った新しい化粧品シリーズと、この水を基礎とした「施術(育毛と美髪、エステ美肌)」方法」を開発しています。
なぜなら、太くつややかだった日本人の髪は50年前より15%も細く、茶色がかった髪質になったし、シーボルトも絶賛したジパングの女性の素肌も、メークで隠さなければならなくなったから。

美容室の生き残りをかけて

いま、わたしが開設したレストルクリニックを見学に来られる理・美容師さんが増えています。

美容室だけでなくどの業種でも共通した悩みがあり、それは「客数減」と「客の行動心理」の変化について行けないこと。

じぶんの技術を売りにして、きれいな店を開けばある程度のお客様が獲得でき、少しの間しんぼうしていれば経営が成り立っていた時代がありました。

しかし、「技術」が売りなら、安い店行くのがお客様の心理。
低料金店ほど「店内をきれい」にしていますし「接客」のマニアルもしっかりしているので「安かろう悪かろう」なんてことはありません。

つまりじぶんの店の近所にきれいな「低料金店」ができたら、程度の差はありますが「お客様が移る」ことになり(中には70%減の店も)、統計では年間3.8%のお客様が一般の美容室から低料金店へ移っているといわれます。

そしていまは「低料金店同士の競争」が激化しています。
わたしの近くでも1800円だったカット料金が、1500円になり、1200円になり、いまでは「水曜日にはカット料金800円」にまで下落しています。

いちばんコワイのは近隣の低料金店同志の価格競争ではなく、安い価格が当たり前と思うようになり、4000円のカット料金の店は「高い」だけでなく、暴利をむさぼっていると思われ、しだいに高い店には行かなくなるお客様が増えていくことです。

その結果、経営が困難になり、スタッフを減らす、夫婦でやっていた店では「1人は出稼ぎに行く」とか、力尽きて閉店する店も多いと聞きます。

そんな理・美容師さんに伝えたい。
方法はありますよ。
ただし「いままでと同じ意識」「同じやり方」では無理です。

技術だけで、またお客様におあいそをいって成り立つことはありません。
また○○カラーとか、○○シャンプー、頭皮スパなどを取り入れても、それは「来店したお客様」にアピールすることで、それらを取り入れたからといって「まったく新しいお客様」が来てくれることなんてことはありません。
「来て欲しい」と「来てもらう」ことはまったく違うのです。
かんたんなメニューや技術の変更で経営が挽回できることはありません。

それらのことを考えて「じぶんの店の将来」、「じぶんの未来」のために時代に適した理・美容室の経営を勉強するために当方へ来られています。

ちなみに当店は全国平均の3~5倍の売上をしており、技術料だけではこんな売上は不可能ですし、そんなに商品を購入して頂けるはずがありません。

いままでの「理・美容師の常識」を全部捨てて、一から「お客様が求める理・美容師」の勉強をし直せば、やる気があるなら「いまの3倍の売上」は誰にでもできます。

いつしょに勉強しませんか。