水で効果も感触も大きく違う

レストルの水の特異性について大学の名誉教授から証明資料をいただいたが、果たしてどれくらいの違いがあるかを、再度自社でテストしてみた。
[テスト1]
A.精製水
B.レストルの美肌活勢水
C.水道水
まず、これを被験者の腕の屈側に塗布してもらい、その浸透度や感触の違いをテストした。
結果はBの美肌活勢水は、Aの精製水やCの水道水と比較して「接触角」や浸透性などの点で特異性があり、感触は「薄めた化粧水」のような感触と被験者全員が評価した。
[テスト2]
Aの精製水とBの美肌活勢水を同じ処方、同じ製造法の化粧水を製造し、被験者に比較してもらった。
処方内容は「マーカーアミノ酸」0.1%とそれぞれの水のみの化粧水。
結果は同じ配合量なのに美肌活勢水の化粧水のほうが、アミノ酸の配合量が多く感じるという結果が出た。
[結論]
化粧品は「肌にストレスを与える」ことは知れられおり、アトピーなど肌の環境が悪化しているケースでは、「水だけでなだめる、沈静化させる」ことが重要だし、なるべく単純で配合量も最小限にして「少ない配合量で効く」商品にして、肌にストレスを与えない商品が要求されているが、このテストで化粧品に美肌活勢水を用いることで「肌に与えるストレスを軽減」できることがわかった。
[情報]
水に関しては「都市伝説的な水」も多く、それと同一視されるのを避けるため、当方は美肌活勢水をPRしてこなかったが、大学の名誉教授に証明していただいた資料もあり、いま「続けて使っても肌にストレスを与えない化粧品」「美しく見せる化粧品ではなく”美しくなっていく”化粧品」の開発に取り組み、近日中に販売予定だが、カウンセラーおよびセラピストが「使う人の肌質や体質、現れている症状」などを見て、使い方をアドバイスして販売する方式を採りたいので、関心のあるかたはメールを下さい。
また肌のことで困っている悩んでいるかたもメールを下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です