美容室の生き残りをかけて

いま、わたしが開設したレストルクリニックを見学に来られる理・美容師さんが増えています。

美容室だけでなくどの業種でも共通した悩みがあり、それは「客数減」と「客の行動心理」の変化について行けないこと。

じぶんの技術を売りにして、きれいな店を開けばある程度のお客様が獲得でき、少しの間しんぼうしていれば経営が成り立っていた時代がありました。

しかし、「技術」が売りなら、安い店行くのがお客様の心理。
低料金店ほど「店内をきれい」にしていますし「接客」のマニアルもしっかりしているので「安かろう悪かろう」なんてことはありません。

つまりじぶんの店の近所にきれいな「低料金店」ができたら、程度の差はありますが「お客様が移る」ことになり(中には70%減の店も)、統計では年間3.8%のお客様が一般の美容室から低料金店へ移っているといわれます。

そしていまは「低料金店同士の競争」が激化しています。
わたしの近くでも1800円だったカット料金が、1500円になり、1200円になり、いまでは「水曜日にはカット料金800円」にまで下落しています。

いちばんコワイのは近隣の低料金店同志の価格競争ではなく、安い価格が当たり前と思うようになり、4000円のカット料金の店は「高い」だけでなく、暴利をむさぼっていると思われ、しだいに高い店には行かなくなるお客様が増えていくことです。

その結果、経営が困難になり、スタッフを減らす、夫婦でやっていた店では「1人は出稼ぎに行く」とか、力尽きて閉店する店も多いと聞きます。

そんな理・美容師さんに伝えたい。
方法はありますよ。
ただし「いままでと同じ意識」「同じやり方」では無理です。

技術だけで、またお客様におあいそをいって成り立つことはありません。
また○○カラーとか、○○シャンプー、頭皮スパなどを取り入れても、それは「来店したお客様」にアピールすることで、それらを取り入れたからといって「まったく新しいお客様」が来てくれることなんてことはありません。
「来て欲しい」と「来てもらう」ことはまったく違うのです。
かんたんなメニューや技術の変更で経営が挽回できることはありません。

それらのことを考えて「じぶんの店の将来」、「じぶんの未来」のために時代に適した理・美容室の経営を勉強するために当方へ来られています。

ちなみに当店は全国平均の3~5倍の売上をしており、技術料だけではこんな売上は不可能ですし、そんなに商品を購入して頂けるはずがありません。

いままでの「理・美容師の常識」を全部捨てて、一から「お客様が求める理・美容師」の勉強をし直せば、やる気があるなら「いまの3倍の売上」は誰にでもできます。

いつしょに勉強しませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です